プログラム内容

駅が地下化し、街の変化が著しい今年は、下北沢がロケ地として使われた2作品を招待上映。1作目は、SPANK PAGEの楽曲をモチーフに、安藤サクラ、柄本佑、高良健吾が共演した劇場未公開作品『僕らは歩く、ただそれだけ』。茶沢通り沿いのカフェに、学生に人気の居酒屋……前夜祭上映の『A・Y・A・K・O』やトリウッドで併映の『かえるのうた』と合わせ、映像の中の下北沢をお楽しみください。上映後には、廣木隆一監督の舞台挨拶も予定。映画監督から見た下北沢ってどんな街?撮影秘話を通して、下北沢の新たな魅力を探ります。

僕らは歩く、ただそれだけ
『僕らは歩く、ただそれだけ』(73分)
監督・脚本:廣木隆一
出演:安藤サクラ、柄本佑、菜葉菜、櫻井りかこ、高良健吾ほか
(C)ユニバーサル ミュージック合同会社

ゲスト

廣木隆一監督

廣木隆一監督

開催日時

2013年9月22日(日)
開場 17時15分
開演 17時30分


会場

成徳ミモザホール(下北沢成徳高等学校内)

住所
東京都世田谷区代田6-12-39
アクセス
下北沢駅西口1番出口より右方向に進み、徒歩で約5分

※会場について、下北沢成徳高等学校側へのお問い合わせはご遠慮ください。ご不明な点は、下北沢映画祭公式サイトよりお問い合わせください。


チケット

1,500円

  • 前売券をお求め頂いた方にはお席を確保致します。また、当日券のお客様より先に入場のご案内をいたします。
  • 前売券はリクルート社のイベント告知・管理サイト「ATND」で承ります。