下北沢映画祭とは

インディペンデント映画の登竜門として第一回からメインプログラムとして開設されたコンペティション

下北沢映画祭は、ドラマ・CG・アニメーション・ミュージックビデオ、ドキュメンタリーなど作品のジャンルは問いません。プロ・アマチュアの肩書きも問いません。さまざまなカルチャーや表現活動が交錯する街、下北沢の特性を活かし、あえて「部門」を分けることなく、審査を行います。
選定基準は、ジャンルを問わず、演出や脚本、撮影方法など自由な発想に満ちた作品、確かなメッセージ性、そして商業映画でも通用するような力を感じる作品です。

街全体を巻き込んだイベントの実施

下北沢映画祭は、「下北沢という街全体を巻き込んだイベントの実施」を行います。
下北沢は、ギャラリーを併設するカフェやイベントスペースを設置した小売店が多く点在するなど、街全体が表現活動に非常に協力的であることが特徴です。
このような街の利点を活かし、カフェや路上等での作品上映や、映像制作ワークショップなどの地域活動など、街全体でイベントを実施しています。
地域の方々と協力関係を築き、下北沢を代表するイベントの一つに育て上げ、皆さんに映像に親しんでもらえる映画祭を目指します。

街の利点を生かして映像文化を発信し、映像の裾野を広げる

下北沢は、数々の劇場やライブハウス、服飾、飲食店などが集積しており、それらを求めて多くの人々が集まる街です。また、クリエイティブな分野で活動する人々も多く集まる街です。
下北沢は、感度が高く、伝播性の強い人々が集まり、厚みのある様々なカルチャーが誕生する街です。
これらのことから、下北沢は新しい文化を広めるに最適な土壌がある街だと我々は考えています。
我々は、そのような日本でも有数の文化的な求心力ある街、下北沢において映画祭を開催することにより、
埋もれた映像クリエイターの才能の発掘・育成を行い、また映像に係わる人々の裾野を広げていきたいと
考えています。質の高い、今まで人々の目に触れられることのなかった未知の映像作品・映像作家の魅力をこの映画祭を通して、下北沢に集まる多くの人々に見てもらうこと。また、作家の作品制作活動を映画祭としてバックアップしていくこと。これらのことにより、我々は埋もれた映像作家の発掘と育成、映像作品に親しむ環境づくりを行っていきます。