下北沢映画祭セレクション
チェコアニメーションの世界
〜ドブリーデン! ミハル・ジャプカ〜
5月21日(土)より、トリウッドにて開催!

スクリーンショット

※ドブリーデン=日本語で「こんにちは」

10月8〜10日に開催する第八回下北沢映画祭に先駆け、5月21日(土)より下北沢トリウッドでチェコアニメーションの特集上映を開催!

イジー・トルンカ、ブジェチスラフ・ポヤル、ヤン・シュヴァンクマイエルなど、世界の名だたる巨匠、名匠、奇才を生み出してきたアニメーション大国・チェコ。長い時間をかけて築き上げられたチェコアニメの伝統を守りながらも、精力的に新しい世界・新しい技術に果敢に挑戦し、チェコアニメの新世代を担うミハル・ジャプカを特集します。ポヤル原案の最新作『The Christmas Ballad』を含む短編 4作品を上映。時に可笑しく、時に不気味に展開されるジャプカワールドが堪能できます。

昨年の下北沢映画祭にて、チェコ蔵 CHEKOGURA全面協力のもと、チェコ映画界の巨匠オルドジヒ・リプスキーの『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』(ヤン・シュヴァンクマイエルが美術協力)をトリウッドで上映したことがきっかけでスタートした今回の企画。国内外問わず、様々な短編映画を上映している下北沢唯一の映画館・トリウッドと、「ジャンルを問わず、新しい才能をより多くの人に届ける」というコンセプトを持つ下北沢映画祭がタッグを組み、再びチェコ蔵のペトル・ホリーさんにご協力をいただいて、海外のショートアニメーション、しかも日本未公開作品を含む4作品の招聘が実現いたしました。

さらに期間中の併映作品として、東京藝術大学大学院出身の若手アニメーション作家、小川育監督の2作品 『I think you’re a little confused』『I Wanna Be Your Friend』も日替わりで上映。初日となる 5 月 21 日(土)12:00の回上映後には、NHK の人気番組『ニャッキ!』などで知られるアニメーション・ディレクター伊藤有壱さんと、 チェコ蔵主宰のペトル・ホリーさんによるトークイベントも行ないます。

文化的求心力のある街を舞台に、映画・映像の新たな楽しみ方を提案してきたトリウッドと下北沢映画祭による新たな試みに、ぜひご期待ください!

<上映作品>
ババルーン11

『ババルーン』(1997年/5分/監督・脚本:ミハル・ジャプカ)
子供と妻のために食事を用意する夫。お酒を飲んできた妻が帰ってきて大騒ぎに……。ジャプカの幼児体験が反映された、両親と子供の造形がユニークなアニメーション。

原始哺乳類11

『原始哺乳類』
(2001年/9分/監督・脚本:ミハル・ジャプカ)
大型爬虫類全盛の時代、哺乳類の祖先はか弱く小さく、恐竜に怯えながら暮らしていた…… 哺乳類の祖先の家族が繰り広げるコミカルな人形アニメーション。

Mrs.G11
『Mrs. G』
(2007年/12分/監督・脚本:ミハル・ジャプカ)
誕生日に両親からもらったとっておきのプレゼント。それは一体の人形だった……。ひとりの男とそのパートナーの、一風変わったラブストーリー。
受賞暦:
ロンドン国際アニメーション映画祭 2007
最優秀インターナショナル・アニメーション作品、
アテネ・アニメーション映画祭 2009 審査員特別賞、チェコアニメーション映画祭 2007 観客賞 他多数

Christmas Ballad 1

『The Christmas Ballad』※日本初公開!
(2016年/12分/監督:ミハル・ジャプカ 原案・脚本:ブジェチスラフ・ポヤル)
戦争で荒れ果てた町で、戦闘機から逃げながら壊れたおもちゃを集める少年。ある日、少年はクリスマスプレゼントを拾い、移動遊園地へと持っていくのだが……。 チェコアニメ界の巨匠・ブジェチスラフ・ポヤル最後の脚本を基にジャプカが手がけるクリスマスの物語。
受賞歴:アテネ・アニメーション映画祭 2016 準グランプリ

fotkaZabka-1

ミハル・ジャプカ
1965 年生まれ。プラハの名門 FAMU にて『ババルーン』、『原始哺乳類』を制作。『Mrs. G』で国内外の映画祭で多くの賞を受賞。現在は監督兼デザイナーとしてチェコの TV 番組に携わる。

【ジャプカ監督よりコメント】(翻訳:ペトル・ホリー)

Uvidíte výběr loutkových animovaných filmů za bezmála dvacet let mojí tvorby, od úplných počátků až po současnost. Je zde můj  úplně první loutkový film Babalon a také ten poslední, Vánoční balada, starý jen pár měsíců.
Uvidíte, jaký posun jsem za těch 20 let udělal.
Přeji vám příjemný zážitek.

Michal Žabka

私がここ20年の間に製作した初期から最近までの映画作品の中から今回のために選出したものをお届けいたします。どうかお楽しみください。私の処女作である人形アニメーション短編映画『ババルーン』や、たった数ヶ月前に出来上がった『The Christmas Ballad』もご高覧いただけます。
初期作品から20年もの間で、私の作品がいかに進歩を遂げてきたかをご確認頂ければ幸いです。
どうかご堪能ください!

ミハル・ジャプカ

<併映作品> ※NEW!
今年東京藝術大学大学院を修了されたばかりの若手作家、小川育さんの2作品を日替わりで併映!シュールさ・キャラクターの可愛さとグロテスクさがチェコアニメに通じる作品です。

01111

『I think you’re a little confused』(8分30秒)
ある日、血入り腸詰はお手紙に誘われて、友だちの肝臓入り腸詰のお家へ遊びにいきました。
©2016 Iku Ogawa / Tokyo University of the Arts
【上映日時】
期間中土曜12:00〜、日曜20:00〜、月曜20:00〜、木曜20:00〜

011111111

『I Wanna Be Your Friend』(4分7秒)
友だちになりたいのなら、協調性が何よりも大切。
©2015 Iku Ogawa / Tokyo University of the Arts
【上映日時】
期間中土曜20:00〜、日曜12:00〜、水曜20:00〜 金曜20:00〜

小川育 プロフィール
東京都出身。2012年多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業。2016年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。

<期間中トークイベントもあり!> ※NEW!
5月21日(土)12:00の回上映終了後
ゲスト:ペトル・ホリーさん(「チェコ蔵」主宰)、伊藤有壱さん(アニメーション・ディレクター)
★伊藤有壱さんの監督作『Blue Eyes -HARBOR TALE-』も上映!(該当回のみ)
BlueEyes_main22222

『 Blue Eyes – in HARBOR TALE -』(7 分 40 秒) ©I.TOON
【上映日時】21 日(土)12:00〜のみ

※別日にもトークイベントを予定しております。ゲストは追って公式HP、SNSなどで告知します。

 

【企画担当 下北沢映画祭運営委員会・田村沙貴より】
第七回下北沢映画祭でのチェコ映画『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』の上映をきっかけに、トリウッドさんより声をかけていただき、たくさんの方のご協力を得て実現した企画です。特集上映をするミハル・ジャプカ監督は、日本で知る人は少ないかもしれませんが、愛嬌のあるキャラクターと丁寧に作り込まれた世界、切なさとユーモア溢れる魅力的な作品を創るクリエイターです。今回、特集上映をするにあたりジャプカ監督と直接やりとりをし、過去作と併せて最新作『The Christmas Ballad』の上映許可をいただきました。チェコアニメ界の巨匠・ブジェチスラフ・ポヤル最後の脚本を映像化し日本初公開となる本作を、下北沢で、トリウッドで観ていただけたらと思います。
チェコアニメはクルテクやシュヴァンクマイエルだけじゃない!是非、ミハル・ジャプカというクリエイターを知って、観て、注目していただきたいです。

【トリウッド代表 大槻貴宏さんより】
映画祭の入賞作品を上映しましょう(してください)という提案はまぁあるし、映画祭を映画館で開催というのもまぁあるのですが、<映画祭のスタッフの企画を運営委員会と映画館とで進めてロードショー公開する>というのは、今までほとんど無かった企画だと思っています。
こういう試みが良い結果を残して、もっともっとお互いを利用するような形になれば、様々な地域・地方で開催されている映画祭の存在意義がもっと増すんじゃないかな、と密かに願っています。

■日時:5月21日(土)〜6月5日(日)
土日 12:00〜/20:00〜 平日/20:00
※火曜日休映。6月4日、5日は12:00の回のみとなります
※併映作品やゲストは追って公式HPでお知らせします

■会場:下北沢トリウッド(東京都世田谷区代沢5-35-5-2F)
http://homepage1.nifty.com/tollywood/
■後援:チェコセンター東京
■協力:チェコ蔵 CHEKOGURA
■チケット代:1,000円(税込)
※半券割:同時期にトリウッドで上映される『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』『WAT 2016』の半券提示で100円引き
※プログラム内容は変更になる場合があります。