下北沢映画祭

トップページへ

『スクリーンで映画と出逢う世界
〜あなたが想う映画体験のこれから〜』

10.8(日)10:30〜(開場 10:15) at ライブハウス近松 
チケット:2000円+1drink

B-1

上映作品:『映画よ、さようなら』(63分)
©Action Inc.
HP:『http://www.action-inc.co.jp/vida/』
シネコンやオンライン配信の充実で映画を観る手段は便利になる一方、
街の映画館が姿を消し映画の多様性が失われつつあるこの時代、私達はどのように映画と出逢っていくのでしょうか?この度、映画館に勤める男性と映画館の閉鎖までを描く、ウルグアイの名作映画よ、さようなら』(未DVD化)の貴重な上映を実現!上映後には、様々な映画館や上映イベントに自ら足を運ぶ俳優の中島歩さん、街に新たな形の映画空間を作ったシネコヤの竹中翔子さん、全国のカフェや美術館、無人島などでの上映会を手掛けるキノ・イグルー有坂塁さんをお迎えします。各々の視点でのトークに加え、観客の皆様にお答えいただくアンケート結果と共に、ゲストとこれからの映画体験について考えていきます。

有坂塁さんもレコメンド!
「とっても地味な作品ですが、
個人的に2016年ベスト10の第2位に選出したほど好きな作品です。
ぼくにとっては、『キャロル』よりも、
イーストウッドよりも、
『シング・ストリート』よりもおもしろかった!」
 

ゲスト

B-2
中島歩さん(俳優)
B-3
有坂塁さん(キノ・イグルー)
unnamed
竹中翔子さん(シネコヤ)
<下北沢映画祭出演によせて>
先日映画館である作品を観ていたのですが、僕が声が出ちゃうくらい笑ってた隣で、
女性客がすすり泣いてるという瞬間がありました。
映画館は年齢も性別も職業もバラバラな人がスクリーンに向かって2時間くらい過ごすという、
他にあまりない空間だと改めて感じました。
多様な手段で映画を観られる今、
映画館の魅力はどこにあるのか再発見できる時間になればと思います。是非お越しください。——中島歩
ebisu

恵比寿ガーデンプレイス「ピクニックシネマ」Produced by キノ・イグルー

SONY DSC

神奈川県猿島「無人島シアター」
Produced by キノ・イグルー

IMG_1634

神奈川県藤沢「シネコヤ」