下北沢映画祭

トップページへ

『映画とラップの過去・現在・未来』

10.8(日)19:00〜(開場 18:45) at ライブハウス近松 
チケット:2,500円+1drink

C-1

上映作品:『WILD STYLE』(82分)
©
New York Beat Films LLC

ヒップホップカルチャーを全世界に広めるきっかけとなった伝説の映画『WILD STYLE』。ラップ熱が最高潮に高まっている今だからこそ、ヒップホップのマスターピース的作品を、現在活躍中のアーティスト2組のLIVEと共に上映。さらに当時から現在に至るまでのカルチャーの移り変わり、そして未来のヒップホップについて、アーティストたちと「文化系のためのヒップホップ入門」著者であるライターの長谷川町蔵氏がトークを実施。ヒップホップファンの方もそうでない方も、下北沢で30年前の興奮を再び!

ライブ&トークゲスト

C-3
黒人にあこがれて、
hiphopをはき違えて、
10数年。
それでもひたすらこねくり回して、
最終的には日本人に対してあこがれを抱いて頂こうと思っている。
hiphopを産んでくれて本当にありがとうございます。
ラーメン。
——雲のすみか
A
ぼくの生まれる10年も20年も前に、ヒップホップは生まれたらしい。
歴史の勉強は不得意なので、くわしいことは知りません。
ただ、腰をぬかすくらいにピュアーなたましい、その切れっぱしだけを、ライナスの毛布みたいにぐずぐずと抱いている、
そんな感覚で二〇一七。ヒップホップってなんなのさ、って、STILL・お口はミッフィーです。
——maco marets