黒沢清監督トークショー 「映画の アカルイミライ を考える」

プログラム内容

国内はもとより、海外でも常に注目され続ける黒沢清監督が下北沢映画祭に登場。1980年度ぴあフィルム・フェスティバルで入賞しており、いわば “インディペンデント映画祭出身の大先輩” である監督に、代表作を通じて「映画を取り巻く環境の変化」と「映画の アカルイミライ」を伺います。※このプログラムは作品上映はございません。

過去作から新作まで。映画を取り巻く環境の変化とは

『CURE』や『アカルイミライ』『トウキョウソナタ』など代表作から、主演の小泉今日子はじめ豪華キャストで話題の2012年1月放送の連続ドラマW『贖罪』(原作:湊かなえ/監督:黒沢清)まで。各作品の制作秘話を通じ、30年以上に渡るキャリアをお持ちの黒沢清監督だからこそ語れる「映画を取り巻く環境の変化」をお聞きします。

インディペンデント映画が目指すところとは?映画の「アカルイミライ」を考える

映画を取り巻く環境の変化の中、インディペンデント映画はどこを目指していくのでしょうか。監督の考える映画の「アカルイミライ」についてお聞きします。日本を代表する映画監督として、そして自主映画祭出身の大先輩としてーーー。黒沢監督から未来の映画監督たちへのメッセージに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

黒沢清監督への質問を募集します!
このプログラムでは、黒沢清監督への質問を募集いたします。
監督へ質問できる貴重な機会です。お問い合わせフォームより、是非お寄せください。

黒沢清監督

Kiyoshi Kurosawa [映画監督]

黒沢清監督1955年7月19日兵庫県生まれ。立教大学在学中より8mm映画を撮り始め『しがらみ学園』で1980年度ぴあフィルム・フェスティバルの入賞を果たす。その後1983年に『神田川淫乱戦争』でデビューし、『勝手にしやがれ!!』シリーズ(1995~96年)や『復讐 THE REVENGE』シリーズ(1997年)等を監督。1997年に『CURE』を発表し、その後も『大いなる幻影』(1999年)、『カリスマ』(2000年)、『アカルイミライ』(2003年)などを立て続けに発表し、2008年公開の『トウキョウソナタ』で第61回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・審査員賞を受賞した。湊かなえの原作をドラマ化した連続ドラマW「贖罪」(主演:小泉今日子)が2012年1月WOWOWにて放送。

なお、監督には「コンペティション部門」の審査員も務めていただきます。監督からどのような講評を頂けるのか!?こちらのプログラムも是非お楽しみください。

イベント概要

開場/開演時間 2011年11月27日(日) 12:00開場 12:30開演
チケット代 980円(税込み)
会場 北沢タウンホール 2階
チケットの事前予約はこちらから承ります。