演劇×映画の可能性

10月28日(日)/北沢タウンホール

    劇団ゴジゲンの主宰にして『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』など数々の映画を手掛け、活躍のフィールドを広げ続ける松居大悟。
    そんな松居監督が、完全オリジナルで作り上げたラブストーリー『君が君で君だ』。

    下北沢を舞台に74分ワンカットで描いた青春譚『アイスと雨音』に並走し、メイキング撮影を担当したエリザベス宮地監督 によるドキュメンタリー『ファーストキス』。

    ここでしか観ることのできない豪華2本立て上映。演劇の街・下北沢から演劇×映画の可能性に迫るプログラムをお届けします。

     

     


    松居大悟監督

    【松居大悟監督 コメント】下北沢映画祭開催決定おめでとうございます。
    下北で劇をしたり映画を撮ったりしているゴジゲンの松居です。7年前に下北で上演した劇を元に作った映画「君が君で君だ」上映いただくこと、 嬉しく思います。下北で見ると、より味わいがあるので、反応が楽しみです。
    今年10月には下北沢駅前劇場で、映画を更に突き詰めたゴジゲン「君が君で君で君を君を君を」という新作の劇をやるので、そちらも合わせて見てもらえたら嬉しいです。とにかく今の願いは、映画祭が盛り上がることと、下北沢南口が早くなんとかなってほしいことです!

     

    日時:10月28日(日)10:45-(開場10:30)
    場所:北沢タウンホール(ACCESS
    料金:2,000円

     

    \\チケットはこちら//