五・七・五・七・七から生まれた映画たち

10月12日(土)〜13日(日)/下北沢トリウッド

    12日(土) チケット購入はこちら

     
    13日(日) チケット購入はこちら

     

    杉田協士監督『ひかりの歌』を構成する<光の短歌映画>4章を
    短編バージョンで、下北沢トリウッドにて2日間にわたり一挙上映!

    「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作された杉田協士監督による長編映画『ひかりの歌』、その元となった「光の短歌映画」短編4作品を2日間にわたり上映。

    10/12(土)

    『反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった』(2016年/46分)

     

    10/12(土)

    『始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち』(2016年/47分)

     

    10/13(日)

    『自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた』(2017年/35分)

     

    10/13(日)

    『100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る』(2017年/36分)

     

    杉田協士 監督 and more!

     

    日時:10月12日(土)19:30-(開場19:15)
    10月13日(日)19:30-(開場19:15)
    場所:下北沢トリウッド(ACCESS
    料金:1,500円

    本プログラムのチケットは、9月16日(月・祝)AM10:00〜パスマーケットにて販売開始!

    12日(土) チケット購入はこちら

     
    13日(日) チケット購入はこちら