13日のプログラムは実施いたします。

 

台風19号により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

本日13日のプログラムは予定通り開催いたします。

下北沢駅乗り入れの各路線の運行状況は、鉄道会社のWebサイトもご確認ください。

小田急線
https://www.odakyu.jp/cgi-bin/user/emg/emergency_bbs.pl

京王線
https://www.keio.co.jp/unkou/unkou_sp.html

12日のプログラムの払い戻し、および13日・14日の開催状況について(12日15:00時点)

 

既にお知らせしている通り、台風19号の影響を考慮し、12日Aプログラム(『音楽』)、Bプログラム(『ひかりの歌』第1、3章上映)は延期とさせていただきます。

なおBプログラムは10月14日午前10:00〜に振替となります。

 

【12日Aプログラムの対応】
Aプログラム『音楽』は、延期日未定のため、チケット代の払い戻しを実施します。
クレジット決済の方→映画祭側でキャンセル処理します。
コンビニ決済の方→個別にメールでご案内しますので10月14日(月)までにご返信ください。延期日は追って映画祭HPからご案内いたします。

【12日Bプログラムの対応】
Bプログラム『ひかりの歌』1、3章は、10月14日(月)に振替えを行うため、チケット購入済の方には、個別にメールでご連絡しております。キャンセル希望の方は10月14日(月)までにご返信ください。それ以降になりますと、払い戻しはできませんのでご了承ください。

10月14日(月・祝)「Bプログラム(12日振替分)」チケットの新規ご購入はこちらからお願いいたします。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010v7n10jd2t9.html


13日・14日のプログラムにつきまして、現状、予定通り開催させていただく予定です。
もし変更が生じた場合は、決まり次第公式SNS・HPにてお知らせさせていただきます。

なお、PassMarketにてチケットを複数枚ご購入いただいた中で代表者様のご参加が難しくなってしまった場合は、お連れ様に当日受付へお越しいただき、
– 代表購入者様のお名前
– 整理番号
– 当日の入場人数
上記をお伝えいただければ、ご入場できるよう対応させていただきます。

台風19号接近に伴う、イベント開催状況について

 

台風19号の予報が出ておりますが、現状10月13日(日)・14日(月・祝)のプログラムについては予定通り開催予定です。

12日(土)については状況を見ながら、内容の変更などあれば決まり次第お知らせさせていただきます。

尚、開催中止を除き、チケットの払い戻しは行っておりませんので予めご了承くださいませ。

 

下北沢映画祭実行委員会

コンペティション(Gプログラム)タイムテーブル&トレイラー更新

10月14日(月・祝)、北沢タウンホールで上映するGプログラム「第11回下北沢映画祭コンペティション」のタイムテーブルとトレイラー動画を更新いたしました。

プログラムのチケットは好評発売中です。詳細は下記プログラムページをご覧ください。
https://shimokitafilm.com/speakers/2019_program_g

追加ゲスト発表!Bプログラム「五・七・五・七・七から生まれた映画たち」

10月12日(土)〜13日(日)、下北沢トリウッドで上映するBプログラム「五・七・五・七・七から生まれた映画たち」の追加ゲストを発表いたしました。

 

【12日】
ゲスト:
北村美岬さん(出演)、橋口義大さん(出演)、枡野浩一さん(歌人)、杉田協士監督

『反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった』(2016年/46分)
『始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち』(2016年/47分)

【13日】
ゲスト:
並木愛枝さん(出演)、松本勝さん(出演)、枡野浩一さん(歌人)、杉田協士監督

上映作品:
『自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた』(2017年/35分)
『100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る』(2017年/36分)

 

プログラムのチケットは好評発売中です。詳細は下記プログラムページをご覧ください。
https://shimokitafilm.com/speakers/2019_program_b

『街の上で』(13日・Cプログラム)の追加キャスト発表!

第11回下北沢映画祭Cプログラム(10月13日(日)北沢タウンホール)にて上映される
今泉力哉監督長編最新作『街の上で』の追加キャストが発表されました。

既に発表されていた主演の若葉竜也さん扮する荒川⻘をめぐる“四人のヒロイン”として、
穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田⻘渚が出演。

穂志もえか
古川琴音
萩原みのり
中田青渚

さらに、村上由規乃、遠藤雄斗、上のしおり、カレン、左近洋一郎(ルノアール兄弟)、小竹原晋、廣瀬祐樹、芹澤興人、春原愛良、未羽、タカハシシンノスケ、倉悠貴、中尾有伽、五頭岳夫、岡田和也 ら実力派から若手までバラエティに富んだ俳優陣が出演していることも発表されました。

『街の上で』クラウドファンディング、優先入場権・特典付き「10/13(日)下北沢映画祭プレミア上映へのご招待」は9/13(金)23:59締め切りです!

全プログラム発表!チケット販売は16日(月・祝)AM10:00〜

第11回下北沢映画祭の全プログラムとキービジュアルを発表いたしました。

第11回のテーマは、「SPARK FILM ーきっとハジケル3日間ー」。新しい元号「令和」がスタートし、日本中が新しい風に吹かれています。下北沢映画祭は、この新しい時代へ踏み出す瞬間を「SPARK FILM」と呼ぶことにしました。
多様な企画と映画から溢れるパワーをイメージしたこの言葉をテーマにすることで、下北沢映画祭を通じてあなただけの“SPARK”を見つけて欲しい、という思いを込めています。
昨年に続いて、下北沢トリウッドでの開催はもちろんのことライブハウス近松、北沢タウンホールの全3会場にて、7つのプログラムを開催します。

 

プログラムの詳細は各企画詳細ページをご覧ください。

 

全プログラムのチケットは9月16日(月・祝)より販売開始!

全プログラムのチケットは、9月16日(月・祝)AM10:00〜
パスマーケットにて販売開始いたします。
プログラムごとに購入ページのURLは異なりますので、
本公式サイトの各企画詳細ページよりご案内いたします。

※Eプログラムのみ、パスマーケットではなく別途購入ページをご案内いたします。

第11回下北沢映画祭コンペティションノミネート作品決定!

このたび、映画祭のメインプログラムとなるコンペティションノミネート作品を発表いたします。

実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募を行う下北沢映画祭のコンペティション。
今年は昨年を上回る270作品ものご応募がありました
スタッフによる一次審査、二次審査を経て全9作品をノミネートいたしました。
作品をご応募いただいたすべての製作者の皆様に心より感謝申し上げます。

Read more